ジャーニーの今のボーカル、フィリピンからきたスティーブペリーの声のそっくりさん、アーネル・ピネダになってたの?!- wowowの東日本大震災支援ライブを途中から見てました。 ジャーニーのボーカルにフィリピン人のアーネルピネダ! まさに、運命を感じる日でした。 帰りフィリピン人のニコル言ってました。 ピネダ、あれ上手いよ 歌うまい人、フィリピンに他にもいてるけど ピネダ、あれ上手いよ、、、 わたし、 爆笑! コミックエッセイ フィリピン妻4コマ日記 都築響一さんがTBSラジオ『エレ片のコント太郎』にゲスト出演。都築さんがフィリピンパブで調査した、盛り上がる曲ランキングを洋楽編、邦楽編に分けて紹介していました。, 都築響一さん面白かったなー。今週のTBSラジオJUNKサタデーエレ片のコント太郎radikoのタイムフリーで聴いてみてね。 #elekata #エレ片 #ラーメンズ #片桐仁, いちろう やついさん(@yatsuiichiro)がシェアした投稿 – 2017 2月 25 9:37午後 PST, (やついいちろう)ということで、行きましょうか。ランキングクイズ! よいしょー! さあ、来ましたピンパブ(フィリピンパブ)で歌うとピーナ(フィリピン人女性)が盛り上がる曲ランキングを都築さんに持ってきていただきました。その中から、今日は都築さんに特別にクイズを出していただきます。クイズは邦楽のランキングから出してもらうんですが、まずはみなさんに参考までに、洋楽。ピンパブで歌うとピーナが盛り上がる洋楽ランキングを発表させていただきます。ちなみにですね、これは錦糸町のジプニーというお店である夜に歌われた人気曲ランキング洋楽編でございます。, (やついいちろう)日によってちょっと変わるでしょうからね。錦糸町のジプニーさんに協力をいただきました。それでは行きましょう。まずは第5位です!, (やついいちろう)立て続けにこれ、ボン・ジョヴィがランクインしたっていうのは何かあるんですかね?, (都築響一)そうですね。やっぱりボン・ジョヴィもそうだし、ガンズとかね、エアロとかね、あのへんのやっぱり正々堂々と愛を大きく歌い上げるっていう感じの、しかも難しめっていうのがフィリピーナはすごい好きなんですよ。, (やついいちろう)これはボン・ジョヴィ、ボン・ジョヴィと来て、では、みなさんもお待ちかね。第3位です!, (やついいちろう)バックストリート・ボーイズ。ここでボン・ジョヴィではありません! 『I Want It That Way』。, (やついいちろう)これででも、全くわからなくなったと思いますけども。第2位の発表です!, (都築響一)そう。だからフィリピーナが好きな歌をオヤジも必死に覚えて歌うんですよ。だから、これはオヤジが歌うケースもフィリピーナが歌うケースもあるけど、オヤジが本当に歌いたい歌じゃなくて、フィリピーナのために喜んでくれる歌を頑張って練習するんですよ。, (やついいちろう)ジーパンに刺繍している系の歌ですね。さあ、そして錦糸町ジプニーである夜に歌われた人気曲ランキング洋楽編。第1位。これはもう、いつ行ってもこれが1位っていう。, (都築響一)ジャーニー、超重要ですね。ジャーニーはいまね、ボーカルがフィリピン人なんですよ。そういうこともあってすごいフィリピンの人はジャーニーを好きですね。, (都築響一)だからピンパブに行く前にはあれですね。100円ぐらいでジャーニーベストのCDを買って、よく練習しておけと。, (片桐仁)ああ、それぐらいで買えますからという(笑)。そんなにピーナにモテたいんだ。, (やついいちろう)これがまあ、洋楽ランキングです。参考にしていただいて、いよいよ邦楽編でございますよ。, (やついいちろう)ボン・ジョヴィ、バックストリート・ボーイズ、ジャーニー。大きいメロディー。そして男臭い雰囲気。こういうものとかが邦楽になるとどうなるか? すっごく興味深い。, (やついいちろう)じゃあまずは10位から6位までを発表させていただきましょう。成増 マリーンで……。, (やついいちろう)まあ、もういろいろ行ってらっしゃるんで。成増のマリーンさんである夜に歌われた人気曲ランキング邦楽編。第10位は……?, (やついいちろう)浜田省吾さんで、『もうひとつの土曜日』! これ、なんかわかるよね。, (やついいちろう)Bubble Gum Brothers『Won’t Be Long』でございます!, (やついいちろう)成増っていう土地柄もあるんじゃないですかね。バブルガムブラザーズさん。地元な気がしますよ。, (やついいちろう)なんかやっぱり、フィリピーナのみなさんが好きな海のイメージが強いですよ。, (片桐仁)BEGINとかね。泣いちゃうんじゃないですか? BEGINとか歌っちゃったら。, (やついいちろう)『夏の終わりのハーモニー』。『Won’t Be Long』も夏っぽいし。, (都築響一)そうですね。歌い上げるというかね。そういうのが。あと、2人でステージで並んで歌うっていうのも重要なところですからね。, (やついいちろう)まあ『Won’t Be Long』がこの中だと若干ダンス寄りというかね。, (やついいちろう)ちなみに、だいたいお客さんの層ってどのぐらいの年齢が多いですかね?, (都築響一)いや、もういろいろですけど。僕が行って見るのは年配の人が多いんですよね。僕自身はそんなに行かないんだけど、気になって。周りに実話誌とか風俗誌の編集者がいっぱいいて。やっぱりいろんなところを経験しているわけ。遊びを。だけど、そういう人が口を揃えるのは、「ピンパブに始まりピンパブに終わる」っていうことですね(笑)。, (都築響一)そう。始まりはそうやって連れて行かれるみたいな感じでピンパブに行って。それから、いろんなところがあるけども。やっぱり、終着点はピンパブだ、みたいな。, (都築響一)まあ釣りにおけるヘラブナ釣りみたいな感じで。だから、かならずしもエロだけじゃないんですよね。やっぱりすごい密着サービスしてくれるけど、基本的にやっぱりクリスチャンなので。すぐに一緒にお外へ……みたいなことはないわけ。だから結構本当にちゃんとしたお付き合いになるので。その代わり、すごく優しいし。看護婦さんの世界でもフィリピーナって全世界でメイドさんとかね、多いですからね。だからすごい世話好きだし、優しいので。, (都築響一)その代わり、嫉妬深いみたいなのもあるので。「やっぱり私のところに来ないのね」みたいなね。, (都築響一)そうですね。だからすごくね、本当に癒される感じで。行き始めると、安いし。楽しく過ごせるっていうね。, (やついいちろう)さあ、ということで、だいだいどういう曲が歌われているかわかったと思います。さあ、いよいよベスト5でございますが。ここでね、クイズがあります。第3位を当てていただきたいですね。, (やついいちろう)この第3位に関しては、もう都築さんしか知りません。一応ですね、1位までいまから紹介いたしますので、その後にその順位で3位に入る曲がなんなのか? 当てていただきたいと思います。, (やついいちろう)ねえ。10位は浜省。9位がJ-WALK。8位がBEGIN。7位が井上陽水と玉置浩二。6位がバブルガムブラザーズと来て、成増マリーンさんである夜に歌われた人気曲ランキング、邦楽編。第5位に行きましょう!, (やついいちろう)ゆっくりとしたメロディーで一緒に歌える。これはなんとなくわかりますね。これは結構日本でも歌われているんですかね。さあ、続いて行きましょう。第4位です!, (やついいちろう)僕、このお話、TUBEさんがすごい歌われているというのを聞かせていただいて、本人に聞いたんですよ。前田さんに「すごい人気らしいですよ。フィリピンパブで」って言ったら、「マジかよ!」っつって。超喜んで。「行こうかな?」って言ってましたよ(笑)。, (片桐仁)歌わされ続けるんじゃない?(笑)。「あれ歌って! あれ歌って!」って(笑)。, (やついいちろう)まさかね、TUBEが4位に来るとは。そして、3位は1回飛ばしまして、続いて第2位です。, (やついいちろう)「こわーしーたーいー♪」のところが。そして、栄えある1位でございます。成増マリーンさんである夜に歌われた人気ランキング邦楽編、第1位は?, (今立進)ミスチル? ミスチルの、なんだろうな? ちょっと歌い上げる系だと。曲名……?, (やついいちろう)ウルフルズっぽくないんだよな。もっとなんかこう……男。あれじゃないですか? 杉山清貴。, (やついいちろう)『壊れかけのRadio』とかは? ああいうのは違うのか? もうちょっと男っぽい声だよね。みんな。割りと低めの声で……。, (やついいちろう)結局、答えが出なかったんですけど。じゃあ、都築さん。正解をお願いいたします。, (都築響一)こうやって誠意でぶつかって行かないと、フィリピーナには届かないっていうことですよ。やっぱり(笑)。, (都築響一)そうですね。でもやっぱりこうやってみんな練習するじゃない? 行くたびにさ。だから、フィリピンパブっていうのは基本、歌う場なんですよ。女の子を引っかける場所じゃないの。やっぱりフィリピーナはみんな歌も上手いので、一緒に歌って仲良く楽しくなっているうちに、通っているうちに仲良くなるけども、基本は健全ですよ。みんな、ものすごく。だから、世の中のイメージってちょっと違うじゃない? フィリピンパブっていうと。ねえ。結構悪いイメージがあると思うけど。, (都築響一)まあ、だから別にTUBEを歌いたくないっていうのは変ですけど、いつもは歌う曲じゃないけど。日本のスナックでは。でも、やっぱりフィリピーナはこういうのが好きだっていうことで、車の中でCDをかけて練習したり。みんな涙ぐましい。だけど、「私が好きな歌を歌ってくれて、ありがとう」みたいな感じになるという。, (やついいちろう)なんとなく、インディーズ演歌の世界とつながってきそうな感じもありますよね。, (都築響一)そうですね。でも、言っちゃあなんだけど、フィリピンパブとかインディーズ演歌の方が本当はマジョリティーなんですよ。メジャーじゃないけど、「いっぱいいる」っていう意味ではこっちなんですよね。, (都築響一)たとえば、このお三方が30年後ぐらいに、もう業界をたとえば引退してたとするじゃない? どこかに飲みに行くと。それで、「俺は昔、お笑いですごかったんだよ」って言うと、普通は1回ですよね。それ。, (都築響一)で、キャバクラとか行っても、10回目には「もうそれ、聞いたから」って。フィリピンパブは100回言っても「すごーい!」って言ってくれるわけ。, (都築響一)でしょう? やっぱりそれができるかどうかっていうところですね。だから、行っちゃうんですよ。. しかし、多くのジャーニーのファンがそうであるように、 ジャーニーのボーカルといえばスティーヴ・ペリーだ。 特に96年の再結成後のスティーヴ・ペリーの脱退の経緯を知ると、 ますますスティーヴ以外のボーカリストを受け入れるのは難しい。 ●ご訪問ありがとうございます。マンガ家・スタンプクリエイターの前田ムサシです。漫画・スタンプ・イラスト制作等のお問い合わせは問い合わせページからお願いします。 2017年にロックの殿堂入りしたロックバンド ”ジャーニー/journey”。記念式典では、絶縁状態になっていた元ボーカルのスティーヴ・ペリーが登壇してスピーチを行いました。演奏への参加は辞退し、現在活躍中の後任ボーカルに委ねた姿が感動的で それ以降はボーカル不在で活動は停滞していた。 2007年12月、新しいリードボーカルを探し求めていたギタリストのニール・ショーンは YouTubeでジャーニーの曲を歌う無名のフィリピン人シンガー、アーネル・ピネダの映像を偶然見つける。 【au】https://bit.ly/3eSoVQD ジャーニーのボーカルがアーネル・ピネダというフィリピン人であるということも遅ればせながら知り、 アメリカンロックバンドのボーカルがアジア人だったの?!ということに衝撃を受け、 その背景のドラマを知りたく映画を見ました。 アーネル・ピネダ(Arnel Pineda、1967年9月5日 - )は、フィリピン共和国のシンガーソングライター。ジャーニーのリード・ボーカリストとして知られている 。 Enjoy the videos and music you love, upload original content, and share it all with friends, family, and the world on YouTube. YouTube動画をきっかけにジャーニーのボーカルに! YouTube動画をきっかけにしたシンデレラストーリーがフィリピンから続出しています。シャリース・ペンペンコ、ゼンディーローズの二人が有名ですがアメリカの有名バンド「ジャーニー」のボーカル「アーネル・ピネダ」も忘れてはなりません。 人気ロックバンド・ジャーニーが2009年にボーカル、アーネル・ピネダの母国であるフィリピンで行ったライブをdvd化。「旅の行方~マジェスティック」「新たなる旅路」「オンリー・ザ・ヤング」「アスク・ザ・ロンリー」「ライツ」ほか、全26曲を収録。 The educational views of marriage migrants in Taiwan: The life stories of Japanese fathers 【docomo】https://bit.ly/2WMUW6l ●前田ムサシのLINEスタンプ販売中→前田ムサシのスタンプ, ●「有名スタンプ取り放題」にてスタンプ配信開始! 1: 湛然 ★ 2020/10/20(火) 23:30:17.12 ID:CAP_USER9 元ジャーニーのスティーヴ・ペリー 78年にエディ・ヴァン・ヘイレンとの間で起きた「ワカモレ事件」について語る2020/10/20 09:33掲載 Copyright © 2020 漫画家ムサシのブログ All Rights Reserved. 洋楽特集 ROCK 編 狂熱な炎の饗宴 ハード・ロック・ナイト Rock will Never Die 『Journey』 ジャーニー JOURNEY - ESCAPE 1981 ・・・さて年度末で引きこもっておりましたがwww WBC ワールド・ベースボール・クラシック で 躍進し 惜しくもプエルトリコに惜敗した 侍ジャパン 応援テーマ曲 『セパレ … (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); やついいちろうさんがTBSラジオ『エレ片のコント太郎』の中で、ニコ生の司会で参加した『氣志團万博』で出演者のTUBE・前田さんに聞いた、フィリピンパブでTUBEの曲を歌うとモテる理由について、話していました。, エレキコミックの今立進さんがTBSラジオ『エレ片のコント太郎』で最近仕入れた小梅太夫さんの情報を披露。小梅太夫さんが身に付けている大量の数珠に込められた意味について話していました。, 都築響一さんがTBSラジオ『エレ片のコント太郎』にゲスト出演。都築さんがエレ片のお三方にいいスナックの見分け方と、はじめて入るスナックでの心構えについて話していました。, やついいちろうさんがTBSラジオ『エレ片のコント太郎』の中で、地元で犬の散歩をしていたら、ダウンタウンの松本人志さんに遭遇した話をしていました。, 片桐仁さんがTBSラジオ『エレ片のコント太郎』の中で、エレ片リスナーの甲本ヒロトさんが『エレ片に投稿したかった』と言っていた、ファミレスの華屋与兵衛の付き合いたてカップルの会話を紹介していました。, 片桐仁さんがTBSラジオ『エレ片のコント太郎』の中で、出演中のドラマ『99.9-刑事専門弁護士-』の完成披露試写会で、またしてもやらかしてしまった話をしていました。, やついいちろうさんがTBSラジオ『エレ片のコント太郎』の中で、めちゃイケのロケで岡村隆史さん、DJ KOOさんらと、MXテレビ 5時に夢中!に乱入した際の話をしていました。. (やついいちろう)ボン・ジョヴィ『It’s My Life』! (今立進)本当に! 「Open Arms」「Don't Stop Believin'」など大ヒット曲を生み出した80年代を代表するロック・バンド、ジャーニー。ホームレスから一躍世界的ロック・バンドのメンバーとなって話題となったフィリピン人シンガー、アーネル・ピネダをフィーチャーして行った2009年のライヴ。 ボーカルは2007年からフィリピン人のアーネル・ピネダがつとめます。 Youtubeに投稿したジャーニーのカバー曲がメンバーの耳(目? )にとまり加入にいたるというシンデレラ・ストーリー。 Youtubeでの投稿がきっかけでジャーニーのボーカルとなったフィリピン人アーネル・ピネダの伝記の映画化企画が、『クレイジー・リッチ!』監督のジョン・M・チュウを中心にワーナーによってスタート … 2019 Taiwan Fellowship WordPress Luxeritas Theme is provided by "Thought is free". 【アーネル・ピネダ物語】YouTubeから生まれたフィリピン人歌手のシンデレラストーリー, 【フィリピン・マニラのアパートの部屋の中】日本の部屋の作りとはこんなところが違います. 【SoftBank】App Passアプリを起動して「有名スタンプ取り放題」で検索, ●前田ムサシのコミックエッセイ ジャーニー (Journey) は、アメリカのロック・バンド。. ?(笑)。 (片桐仁)お笑いの影響、ない? 大丈夫? (都築響一)これ、2016年ですからね。 (今立進)これ、2016年の第5位ですか!? 1973年にサンフランシスコで結成され、メンバー交代や解散、再結成などを経て、音楽性を変えながら活動。 また、1970年代中期から隆盛した「アメリカン・プログレ・ハード」の代表的なバンドとしても知られる。 フィリピン国内でひっそりとバンド(ザ・ズー)活動していたアーネル。その彼のステージをYouTubeで目にした伝説のバンド「ジャーニー」のメンバーがびっくり!元ジャーニーのボーカルのスティーブ・ペリーを彷彿させる声質、声量っだったのです。 ところで、ジャーニーのリードボーカルは 過去1年ほど不在だったのですが、昨年末(07年12月5日)、 フィリピン・マニラ出身の 「アーネル・ピネダ」(Arnel Pineda) に決まったことが発表されました。 アーネルは、1967年生まれのフィリピン人です。 ジャーニーの現時点での、ボーカルはアーネル・ピネダさん。フィリピンの方です。ネットで見たとき、ジャーニーのカバーしてました。前ボーカルにそっくり、いやそれ以上かもと思っていたら、ジャーニーの新しいボーカリストに選ばれました。 (やついいちろう)近々のチャートですからね。そして続いて第4位! フィリピン出身の新ボーカル! なんと現在52歳結構いい年!ジャーニーの歌キツクない?! 映画の様な人生を送っている方です。 子供の頃は家賃を1年近く滞納してしまうというビンボー生活を送っていまし … (台湾への結婚移民の教育観:日本人父親のライフストーリーから), YouTube動画をきっかけにしたシンデレラストーリーがフィリピンから続出しています。シャリース・ペンペンコ、ゼンディーローズの二人が有名ですがアメリカの有名バンド「ジャーニー」のボーカル「アーネル・ピネダ」も忘れてはなりません。, 新ボーカルを探していたジャーニーのメンバーの目に止まったのがYouTube動画で歌うフィリピン人歌手のアーネル・ピネダの歌声。すぐにフィリピンのアーネルのもとへオーディション参加要請の電話をしたのです。, ジャーニーのメンバーから突然の電話をもらい戸惑いながらもアメリカへ向かったアーネル・ピネダ。ところが入国審査で「ジャーニーのボーカルオーディションを受けに来た」と係官に言ったものの信用してもらえない。, 係官から「本当ならちょっと歌ってみろ」と言われアーネルがジャーニーの曲を歌ったところ入国審査がOKになったという嘘みたいな本当の話。まさにテレビ番組「奇跡体験!アンビリバボー」の再現ドラマに出てきそうなエピソードです。, ここからアーネルをボーカルに迎えた新生ジャーニーの伝説が始まるのです。夢を実現させた人の話にはなぜかこういう不思議なエピソードがありますね。さすがはチャンスの国アメリカです。かっこいいなあ。, 関連記事:【アーネル・ピネダ物語】YouTubeから生まれたフィリピン人歌手のシンデレラストーリー, ご訪問ありがとうございます。マンガ家・スタンプクリエイターの前田ムサシです。漫画・イラスト制作のお仕事のお問い合わせは問い合わせページからお願いします。. ジャーニーのボーカルがアーネル・ピネダというフィリピン人であるということも遅ればせながら知り、 アメリカンロックバンドのボーカルがアジア人だったの?!ということに衝撃を受け、 その背景のドラマを知りたく映画を見ました。 フィリピンかあちゃん奮闘記inジャパン (本当にあった笑える話), ●台湾で子育てする日本人父親の話(まんが)