(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});本記事では、私が好きな小説家である宮部みゆきさんの火車(かしゃ)をご紹介します。 物語は、クレジットカードと自己破産クレジットカード、自己破産という闇に焦点を当てた物語です。私自身、この本を3度、読んだことがあります。 当時はまだ女子高校生だった喬子は悪質な取り立て業者から売春を強要されるようになり、全国各地を転々としていました。 ローズラインに勤務しているときに喬子が持ち出したリストの中には、他にも条件に合いそうな人物が何人かいました。名簿をしらみ潰しにして電話をかけていた本間は、ひとりの女性にたどり着きました。彼女の名前は木村こずえで職業はフリーター、喬子と同年代になりたったひとりの肉親の姉を亡くしたばかりで他に身寄りはいません。本間が睨んだ通りに喬子はつい最近彼女に電話をかけてきて、亡くなった姉のお墓参りのために会いたいとのことです。切羽詰まったた喬子がこずえに危害を加える恐れもあるために、待ち合わせ場所に指定されている銀座のイタリアンレストランには本間も同行します。関根彰子の遺体を何処に捨てたのか、今度は誰になりすまし何処へ向かうつもりなのか。 間もなく結婚する予定だった関根彰子という女性が突如として行方を眩ませてしまったために、その居場所を突き止めて欲しいとのことです。 本間が彼女の勤務先である金銭登録機を扱う問屋を訪ねてみましたが、無断欠勤が続いているようで手掛かりを掴むことが出来ません。 誰しもがカード1枚でお金を借りて好きなものを何でも買うことが出来る、現代社会に潜む落とし穴には考えさせられます。登場キャラクターたちの中にも金銭感覚にルーズな人たちは見当たらずに、寧ろ真面目過ぎるくらいです。 宮部みゆき『火車』あらすじとネタバレ感想!失踪した婚約者は別人? 失踪した婚約者は別人? プライバシーポリシー 免責事項 2017–2020 よなよな書房 ローズラインを退職した後の喬子の行方は片瀬にも分からないようでしたが、本間は彼女が関根彰子を殺害して入れ替わったことを疑っています。 小説の感想です。 2001年出版(日本) 著作、宮部みゆき 高校生の塚田真一は、犬の散歩の途中、公園で人間の片腕を発見する。そこから明らかになる連続誘拐殺人事件。失踪したと思われていた女性たちは殺されていた――。片腕とは別に発見されたハンドバック の持ち主・鞠子の祖父、義男。 facebook. [mixi]宮部みゆき 火車読後の疑問(多少ネタバレアリです) はじめまして。 宮部みゆきさんのコミュを見つけて早速参加させて頂いております。 参加したばかりでトピを立てるのをは恐縮なのですが、宜しくお願いします。 火車なのですが 須藤薫が喬子に関しての思い 栗坂和也(くりさかかずや) 俊介の妻・千鶴子の親戚。銀行員。 石田直澄(いしだなおずみ) 東京の高層マンションの部屋を購入しようとしていた中年の男。ある事情から警察から逃亡生活をする。 八代祐司(やしろゆうじ) 東京の高層マンションから転落死した若い男だが、事件と大きな関わりがある。 宝井綾子(たからいあやこ) 若いシングルマザー。赤ん坊は宝井一家が手伝って面倒を見ている。事件の秘密を隠している。 吉田達夫(よしだたつお) 高層マンションで転落死が起きて駆け … 更には複数の金融機関やクレジットカードの会社に負債を抱えていて、過去には自己破産までしていることが判明しました。 残された謎を解き明かすために、本間は店内に入ってきた喬子の肩に手を置くのでした。, ミステリー作品としてのスリルや謎解き共に、クレジットカードによる多重債務やローン破産を始めとする社会問題が随所に盛り込まれていて経済小説の面白さもありました。 休職中の刑事、本間俊介は遠縁の男性に頼まれて彼の婚約者、関根彰子の行方を捜すことになった。自らの意思で失踪、しかも徹底的に足取りを消して――なぜ彰子はそこまでして自分の存在を消さねばならなかったのか? 行き場のなかった喬子に救いの手を差し伸べたのが、地元・伊勢でも御曹司として有名だった倉田です。 宮部みゆき初の長編ミステリー 宮部みゆきは、昔火車とか読んだことあり、面白かった記憶があるので、久しぶりにこの作者の本を読んでみようと思って手にとって見た。 読み始めると、警察犬の視点から物語が進んだりするので、若干読みづらい。 「火車」宮部みゆき|クレジットカード社会の闇とお金に翻弄される人生 . 木村こずえ(きむらこずえ) フリーター。, 勤務中に怪我を追って休職している刑事の本間俊介は、ある時に亡くなった妻の遠縁に当たる栗坂和也という青年と久しぶりに再会します。突如として失踪してしまった婚約者・関根彰子を探し出して欲しいとの個人的な依頼です。平凡な人探しで終わるはずでしたが、本間は彰子の行方を追っていくうちに彼女に隠された壮絶な過去に辿り着くのでした。, 本間俊介は勤務中に強盗団の一味から銃撃を受けてしまい、現在では負傷した膝の痛みと戦いつつリハビリに励んでいました。 彼女の名前は新城喬子で顧客と電話でやり取りをするオペレーターでしたが、同じ会社の営業課の課長補佐・片瀬秀樹とお付き合いをしていたようです。 喬子に言われるままに顧客情報を漏らしていたこと、彼女が自分と年格好が同じで身寄りのない女性を探していたこと。 2018.7.18 2020.12.10 4分33秒 「火車」のあらすじ. 宮部 みゆき『火車』のネタバレありの感想・レビュー一覧です。 新規登録(無料) ログイン; 検索. 謎めいたヒロインの新城喬子が、自分自身の過去を消し去り他の誰かになろうとするシーンが印象的でした。 著者:宮部みゆき 1992年9月に光文社から出版長い長い殺人の主要登場人物小宮雅樹(こみやまさき) 主人公。成績優秀で学級委員もこなす小学生。母の妹・早苗のことが大好き。塚田和彦(つかだかずひこ) 早苗の夫。 やり手のレストラン経営者。森元... 著者:宮部みゆき 2001年6月に集英社から出版R.P.G.の主要登場人物武上悦郎(たけがみえつろう) 主人公。警視庁捜査一課の四係に所属する。公文書の制作や情報管理が専門。石津ちか子(いしづちかこ) 本庁の放火捜査班から所轄に異動したばか... 映画「トータル・リコール (2012)」のネタバレ&あらすじと結末を徹底解説|レン・ワイズマン, 映画「プラダを着た悪魔」のネタバレ&あらすじと結末を徹底解説|デヴィッド・フランケル, ライ麦畑でつかまえて(J.D.サリンジャー)の1分でわかるあらすじ&結末までのネタバレと感想. 職務中の怪我により休職中の刑事・本間俊介。彼のもとに遠縁の親戚・栗坂和也が、人探しの依頼をしにくる。栗坂の婚約者・関根彰子が突然失踪したと言う。 失踪の直前に、関根彰子が過去に自己破産をしていたことが発覚していた。本間は彰子の勤め先や、自己破産の時に頼った法律事務所に話を聞きに行くが、次第に他の誰かが関根彰子に成りすましていたという可能性が浮上してくる。 なぜ彼女は関根彰子に成りすましたのか。本物の関根彰子はどこにいるのか。カード社会の闇を描く社会派ミステ … 宮部みゆきさんの作品は読みやすい文体と惹きこませるストーリー展開が大好きで、一時期買い漁っていたことがあります。 しかしそのほとんどを売ってしまった今、 「火車」 だけは手元に残しておきま … 彰子の本籍地である栃木県宇都宮市にまで足を運んでみましたが、彼女の母親は2年前に亡くなっています。 母親は違法な薬物に溺れたことが原因で若くして亡くなっていて、父は過酷な日雇い労働と膨らんでいく金利に終われた末に今現在でも行方知れずになっています。 ネタバレがあるので未読の方はご留意ください。 本作品は文庫本にして全5巻と大変ボリューム感がある作品ですが、メインとなる事件は二人の犯人による「連続女性殺害事件」のみです。 この「連続女性殺害事件」を被害者の家族、警察、犯人等のあらゆる視点から描いているので長いと感じることがなく最後まで飽きずに読むことが出来ます。 それではネタバレいってみましょう。 登場人物を紹介する形でネタバレしていきます … 人と人との結び付きが薄れていき、お互いが匿名の存在となっていく今の世の中を思い浮かべてしまいました。, 「昨日がなければ明日もない」 のあらすじを起承転結で短く簡潔に解説!ストーリーのネタバレ注意!→私立探偵を営む杉村三郎は、金持ちの竹中家の一角を間借りして自宅兼事務所としています。依頼は人づての紹介か広告を見て尋ねてくるというパターンがほとんどですが、それだけでは収入が足りない為、オフィス蛎殻と…, 「淋しい狩人」 のあらすじを起承転結で短く簡潔に解説!ストーリーのネタバレ注意!→イワさんは、東京の下町、荒川の土手下にある小さな共同ビルの1階で「田辺書店」を経営しています。田辺書店は「愉しみを約束する娯楽本だけを置こう」という経営方針の古書店です。イワさんがこの店の経営を引き受…, 「英雄の書 上巻」 のあらすじを起承転結で短く簡潔に解説!ストーリーのネタバレ注意!→小学5年生の有理子は仲の良い家族と共に平和に生活していました。兄の大樹は出来が良く頼りになり、同級生とも仲良く過ごせておりなんの不自由もありませんでした。しかしある日、兄が同級生を刺して行方をくらます…, 「ここはボツコニアン」 のあらすじを起承転結で短く簡潔に解説!ストーリーのネタバレ注意!→平凡な毎日を送っていた少年・ピノの運命を一変させたのは、12歳の誕生日の朝に枕元に置かれていた1足の長靴です。双子の姉・ピピと共に選ばれし者となったピノは、自分たちの生きてきた世界に隠されていた重大な…. 関根彰子(せきねしょうこ) 和也の婚約者。事務機問屋に勤務。 本間俊介(ほんましゅんすけ) 休職中の刑事。 栗坂和也(くりさかかずや) 俊介の妻・千鶴子の親戚。銀行員。 関根彰子(せきねしょうこ) 和也の婚約者。事務機問屋に勤務。 新城喬子(しんじょうきょうこ) 通販会社に勤務。 木村こずえ(きむらこずえ) フリーター。 彼と入籍して本籍地を三重県に移したために一時は取り立てから逃れることが出来ましたが、執念深い一味は決して諦めることはありません。 本間俊介(ほんましゅんすけ) 休職中の刑事。 いったい彼女は何者なのか? 小説家・宮部みゆきさんの代表作『模倣犯』。この主人公・前畑滋子の9年後を描いた作品『楽園』が、2017年1月にwowow系列で、実写ドラマ化されることに。 今回は、wowowドラマ『楽園』のキャストやあらすじをまとめてみました。 [mixi]宮部みゆき 火車読んだ人へ(ネタバレ 私はラストの終わり方が納得できません。 ラストまではすごく良かったのに! 正直ラストで拍子抜けしてしまいました。 もう少し彼女の内面が見たかった。 本心が聞きたかった。 声が聞きたかった。 いい作 宮部みゆきの『火車』が再ドラマ化された。 テレビ朝日は「宮部みゆきの火車がついにドラマ化!」みたいな感じで宣伝していたが、 ドラマ化は2回目ではないか。 1994年に「火車―カード破産の女」でドラマ化されている。 この「火車」は、行方不明の女性が一人と、彼女に成り代わっていた女性が一人いるだけのできごとを、怪我をして休職中の刑事、本間俊介が追うはめになってしまった物語だ。 このミステリーがすごい!ベスト・オブ・ベスト国内編第1位、東西ミステリーベスト100国内編第5位の傑作ミステリー『火車』(宮部みゆき)のネタバレ感想です。 トップ; 読書メーターとは; 本ランキング; 作家ランキング; トップ; 宮部 みゆき; 火車 (新潮文庫) 年間ランキング発表!読書メーター OF THE YEAR 2020; 火車 (新潮文庫) 宮部 みゆき; twitter. 宮部 みゆき(みやべ みゆき、1960年 12月23日 - )は、日本の小説家。 東京都 江東区生まれ。 日本推理作家協会会員 。 日本sf作家クラブ会員。雑誌幻影城ファンクラブ「怪の会」元会員 。. 一応、この作品で宮部みゆきを見直したので、他の作品も少しずつ読んでいきたいと思います。 ※以下、ネタバレがあります。 この物語は、新城喬子が関根彰子の名前を借りて別人になる物語です。 『宮部みゆき』についての評価や評判、感想などみんなの反応を1日ごとにまとめて紹介しています。また『宮部みゆき』を話題にしている男女比や最多属性、一緒にツイートされたワードなど詳しく紹介しているので、是非チェックしてください! 謎を解く鍵は、カード社会の犠牲ともいうべき自己破産者の凄惨な人生に隠されていた。山本周五郎賞に輝いたミステリー史に残る傑作。, 1992年に発売されたということで時代的な古さはありますが、元号が令和になっても色あせることのない魅力が本書にはあります。, ここまで徹底的に人物の背景を丁寧に描き、犯罪を個人のせいだけにしない懐の深さを持つ作品を僕は知りません。, 作中、『拾玉集(しゅうぎょくしゅう)』という歌集から『火車の、今日は我が門を、遣り過ぎて、哀れ何処へ、巡りゆくらむ』という和歌が登場し、それが本書の土台にあります。, ここにある『火車』とは妖怪のことなんですが、実は『火車』と『火の車』では別の妖怪を意味します。, 調べると前者の妖怪がタイトルであるとする記事が多くありましたが、本書中では『運命の車』とも表現していて、車を意味する後者がしっくりきます。, 前者は死んだ者の亡骸を奪う妖怪ですが、後者は生きながら連れていくこともあり、後者であれば生きている罪人が逃れようと必死になるのも分かります。, 休職中の刑事・本間は遠縁の栗坂和也から失踪した婚約者・関根彰子を探してほしいと頼まれます。, 失踪する寸前、過去に彰子は自己破産していたことが判明していて、本間は興味があって調べます。, 過去の職場や彰子の自己破産の手続きを行った弁護士から事情を聞く中で、本間は探している女性(和也の婚約者)が関根彰子ではないことを知ります。, そこにはクレジットカードが普及したばかりのカード社会の闇があり、本間は単なる犯罪でないことに気がついていきます。, もちろんほんの数ページしか登場しない人も多くいますが、そういったチョイ役に至るまで宮部さんは丁寧に描いています。, ぽっと思いついたのではなく、しっかりそれぞれの人生があり、そうする必然性を感じさせてくれる説得力がありました。, 登場人物の履歴書を全員分作るという湊かなえさんの時も感じましたが、この丁寧さがあるだけで作品の没入感が大きく変わります。, 序盤はここからどう展開するのかと半ば退屈しながら読んでいましたが、彰子が偽物だと分かってから一気に加速します。, しかもこの起爆剤のような展開も何重にも仕込まれていて、後半にいけばいくほど読むのを止められない自分がいました。, 文庫本で六〇〇ページ弱とかなりのボリュームですが、その長さを感じさせないほど読ませる力が本書にはあります。, しかし、ここまで読んだ読者であれば分かると思いますが、彼女を逮捕することが本書の目的ではありません。, それを真剣に聞くことこそ、本間含めて今回の事件に関わった人たちが最も望んでいることです。, 終わり方として決してスッキリするものではありませんが、ミステリとして新たな視点から答えを提示してくれる本書は、今でも読むべき名作だと断言します。, 本書はエンタメとしては終わらず、読者や現代に問題を提起するほどスケールの大きな物語です。, 元号が令和になった今でもこの危険性は変わらず僕らの隣にあるわけで、読み終わった後もずしりと胸の奥に重みを残してくれる名作でした。. ①東京都荒川区北千住の超高層マンションの25階の一室で4人の遺体が見つかる。うち1人は転落死。殺された4人は住民ではなく、しかも血の繋がらない赤の他人同士で身元が分かるまで時間がかかる。②殺害したのは転落死した男性・八代。家族の絆を嫌悪する八代が他者の束縛を嫌い殺害。恋人・綾子と赤ん坊を庇い、事件の一部始終を知る買受人・石田直澄が逃亡していたため事件解決まで時間がかかった。 魔術はささやく あらすじ ネタバレ(1) 魔術はささやく Wiki(0) 魔術はささやく ドラマ 山口智子(0) 魔術はささやく ドラマ(0) 魔術はささやく ラスト(0) フジテレビ 魔術はささやく(0) 魔術はささやく 火車(0) 宮部みゆき 魔術はささやく(0) 魔術はささやく トリック(0) なぜ喬子は見ず知らずの女性の命を奪ってまで自分の過去を隠そうとしたのか。 [ad], 関根彰子の名前が使えなくなった今となっては、喬子は次のターゲットを選んでその女性に接触してくるはずです。 郡山の役場の戸籍から現住所を突き止めた取り立て屋は新婚先にまで押し掛けてきたために、敢えなく離婚となってしまいます。倉田は喬子を守り抜くことが出来なかった罪悪感を打ち明けつつ、本間との面会を切り上げました。 <宮部みゆき> 1960(昭和35)年12月23日生まれ 直木賞作家(「火車」では直木賞を逃している。「火車」は山本周五郎賞を受賞) <私が読んだ宮部みゆき作品> ・魔術はささやく 1989年刊 ・今夜は眠れ … 映画「火車helpless宮部みゆき 」ネタバレあらすじとラストまでの結末・動画やみんなの感想を掲載。起承転結でわかりやすく徹底解説しています。火車helpless宮部みゆき のストーリーの結末・感想や感想を含んでいるので、観ていない方はご注意ください。 妻の千鶴子は3年前に他界していましたが、ある日のこと彼女の従兄弟の息子に当たる栗坂和也が訪ねてきます。 新城喬子(しんじょうきょうこ) 通販会社に勤務。 本間は喬子が21歳の時に3ヶ月の間だけ結婚していたことを知り、現在では三重県で暮らしている男性・倉田康司を訪問しました。, 倉田の話では喬子は福島県郡山市内で生まれ育ちましたが、父親が住宅ローンの支払いに苦しんでいたために夜逃げをしたようです。 等は、子供のためのボランティア団体あおぞら会での活動の際に三和明夫に遭遇していた。等は、明夫の頭の中の土井崎茜の死を見た。それを絵に描いていた。 三和明夫は茜の彼氏で茜の死の真相を知っていた。 等に意味は分からなかったかもしれないが明夫の記憶には、悲哀の色がついていた。この女の子が家から出られなくて悲しいのだとも言っていた。 土井崎夫妻が茜を殺害したのは、茜が単なる不良だっただけでなく、明夫とともに人として許されざる犯罪を犯したからである。 明夫の運転で田舎の夜 … 本間が面会を取り付けてカマをかけてみると、たちまち片瀬は全てを白状します。 更には栗坂が「関根彰子」だと信じていた女性は既にこの世にはおらずに、別の誰かが彼女になりすましている疑惑までが浮上してきました。, 本物の関根彰子が以前から利用していた下着の通販会社「ローズライン」の大阪の本社ビルに辿り着いた本間は、彼女の個人情報がある女性従業員によって持ち出されていたことに気が付きました。 ネットを見ていると消費者ローンの仕組みを知らないで、リボ払いなどを利用して、のちのち高額な手数料を払っていることに気づいたり、返すのに長い年月がかかったという話を目にする。 新卒で入社した会社の後輩が、クレジットカードの支払いをぜんぶリボ払いにしていた。この後輩も、リボ払いの仕組みをよく分かっていなかった。 クレジットカードなどの仕組みを知らないで利用している層が、意外と多いことに驚く。 仕 … 宮部 みゆき『火車』の感想・レビュー一覧です。ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレフィルターがあるので安心。読書メーターに投稿された約236件 の感想・レビューで本の評判を確認、読書記録を管理することもできます。 宮部みゆきによると、まず、最後の一行に犯人が出てくる小説を書こうとした。 トリックの関係から「 カードローン 破産」を題材にした。 弁護士事務所の事務員の勤務中に弁護士が企業の 破産管財人 に5回ほどなったが、その時忙しく、 サラ金 からの 破産 人への取り立て電話も聞いた。