30代で老後に必要となる蓄え3000万円を不労所得(配当金)で用意するこ… お金 2019.8.6 わずか数日で1万円札100枚分の資産が溶けた お金 2020.1.26 命を削って働かなくていいように、お金がお金を生む仕組みを構築する〜カイジ… お金 2019.12.23 独身者の貯金の平均額っていくら?30代、40代の平均貯金額は?自分の貯金は平均以上?もしもずっと独身だったら貯金はいくらあれば老後に足りる?十分な貯金のためには月々いくら貯めればよい?人には聞きづらい、独身の人の貯金について解説します。 使い古された言葉ですが、定年退職時点で必要な老後資金は3,000万円といわれています。 質問者の方の資産面と収入を考えると、仮に住宅の頭金である程度まとまったお金、具体的には300~500万円を使ったとしても、おそらく定年までにはしっかり3,000万円以上貯まっていると思います。 65歳時点で、5000万円を確保するのは、できるだろうか。 退職金だけでは、まかないきれない。 50代の平均貯蓄は、1000万円、退職金を加えても、3000万円を準備するたがやっとだろう。 老後の生活費は、かろうじて準備できる。 老後の足音が近づいてきた50代。独身者は全ての事を自分で賄わなければなりません。そのため、貯金に対する意識が強いのが特徴です。独身者が老後に必要な資金は月額15万円程度と言われています。15万円から年金額を差し引いた不足分の準備が必要となります。 独身男性・女性の方で将来が不安、老後資金が不安という方は多いでしょう。今回、独身一人暮らしの平均的な生活費をシミュレーションし、老後にかかる費用の目安から老後資金の貯め方も紹介します。悲惨な老後を送らないために、ゆとりある老後に必要な貯金額を把握しましょう。 以上『「老後資金は3000万円」という説が正しくなりつつある話』でした。 いかがでしたか? 老後資金は2000万円から3000万円必要という説が正しい雰囲気が漂い始めています。 しかし、この試算は今の年金の額を想定してのものです。 実際は1,000万円貯まってない50代の女性は4人に一人いますから。 でも2,000万円3,000万円貯まっている人もいますし、家マンションを購入済みの人もいます。 シニア独身女性が安心する金額はとりあえず2,000万円あれば安心です。 老後前に用意できる貯金額は、現実的に見て 夫婦で1500万円 。 独身で1300万円 といったところです。 老後に必要な資金が夫婦で3000万円、独身で1800万円なので、それぞれ1500万円、500万円は足りないこと になります。 老後のお金は3,000万円以上は必要とか…。分かっていても実際そうはいきませんよね。そこで今回は、現代の40代50代でも増えてきた年収300万円、400万円の家庭で押さえたい、老後対策をお伝えします。 サラリーマンで夫婦2人の老後資金を3,000万円とした場合、退職金が2,156万円あれば、残りの1,000万円を準備しておけば良いということになります。 独身者であればもっと余裕が生じます。 独身男性の老後資金の必要額は3000万円? まず、あなたは1人暮らし独身男性の老後資金の必要額は「3000万円」だと思いますか? 結論を先に言うと下記をモデルケースとした場合、普通の老後の生活を送るために 65歳までに貯蓄する老後資金 は 「3000万円」 必要ないはず 。 【老後】独身貴族もこのままでは退職金3000 ... 60歳の定年時に3000万円ほどの退職金をもらいました。一人暮らしなので、生活費はそれほどかかりません。 先ほど算出した老後資金と合わせると、賃貸の場合、夫婦で5,280万円、独身者で3,680万円も必要になる計算です。 賃貸は引っ越しがしやすく、現役時代の負担を抑えられることがメリットですが、老後の負担が大きくなります。 老後資金は「2,000万~3,200万円用意する必要がある」ということがわかりましたが、あくまでこの額は平均的な独身女性の場合です。 生活環境や老後の希望は人それぞれなので、上記以外にかかるお金を予想してみましょう。 老後のために必要なお金を、独身者の場合で2,000万円、夫婦の場合で3,000万円と考えると、退職金だけをあてにするのでは厳しくなります。また、転職回数が多く、勤続年数が短ければ、退職金として受け取れる額自体が少なくなります。 老後を25年間とすると、3,000万円以上ものお金が必要となってきます。しかし、これは毎月10万円で暮らした場合です。もし1,500万円しか貯蓄できなかったとすると、老後生活の自己資金は毎月5万円となり、これでは全く足りないでしょう。 また、単身(独身)の場合は1,392万円+500万円+200万円=2,092万円となるので、約2,100万円です。しかし、状況は人それぞれですので、必ずしもこの額を貯めれば3,000万円あれば老後の生活が安心とは … 独身女性の老後資金はいくら必要か? 「老後2000万円必要」と言われているのは、夫婦2人に子どもがいる世帯の例です。 独身女性の場合、頼れる家族はいないので2000万円以上を目指して貯蓄に励むことをオススメします。 金融庁による『老後2000万円報告書』を受けて老後の生活資金に不安を抱いている方おいらっしゃると覆います。 『老後2000万円報告書』は夫婦二人世帯の必要な金額なので、独身の場合は半分の1000万 … 2017年度の総務省の家計調査によれば、60歳以上の独身の月平均支出額は、平均して約14.8万円です。 65~85歳まで毎月年金が12万円受給されると仮定し、生活費、介護、葬儀費用の支出を差し引いた金額として、必要な老後資金は約3,000万円が目安となります。 独身女性の老後の消費支出は1ヶ月で約15万円とされています。将来、お金で心配事をつくらないためにも、確定拠出年金などを活用し資産運用をして老後に備えておくことが大切です。不安を払拭すべく、まずは「独身女性の老後資金に必要な金額」を算出してみました。 老後のための資金を貯めようと考えたとき、実際のところ「いくら必要なのか」がわからなければ目標も立てづらいでしょう。1,000万円、3,000万円、5,000万円と諸説あり、高額すぎてピンとこない方も多いはず。そもそも老後資金が何なのかわからないままでは、漠然とした不安が付きまといます。