もう、辞めようかな?. スポーツに関する英語の名言・格言で英語を学ぼう!英語の原文と日本語訳に加え、単語と文法の詳細説明を掲載。心に残る英語の名言・格言は人生に活力を与えてくれ、そして英語も記憶に深く刻まれるだろう。とっておきの14の名言・格言をご紹介しよう! I am not talented, I am obsessed.”, – talent /tǽlənt/ (名) 才能 ⇨ talented /tǽləntid/ (形) 才能のある – obsession /əbséʃən/ (名) 強迫観念 ⇨ obsess /əbsés/ (動) 取り付く (be – obsessed: とりつかれる) – exist /igzíst/ (動) 存在する – all /ɔ́ːl/ (副) 全く – equal /íːkwəl/ (形) 才能 – as /əz/ (前) ~として – human being /hjúːmən/ /bíːiŋ/ (名) 人間 – anyone /éniwʌ̀n/ (名) 誰にも – put in the time: 時間を費やす – You could be 〜, if you put 〜: 仮定法過去(現在の事実に反する仮定を表す)で、「もし〜であれば、…だろう」の意。ここでは「もしあなたが時間を費やせば、誰にでもなれるであろう。」の意。 “put” は過去形。 – reach /ríːtʃ/ (動) 〜に達する – That’s that: ここでは「それ以上はない。」の意。, 米大学バスケットボールのコーチ。選手として過ごした大学卒業後、第二次世界大戦従軍を経て、1948年にUCLAコーチ就任。10回に渡り全米チャンピオンに導き、多くの名選手を育てた。実績と人格で現在も多くの尊敬を集める。2010年没。享年99歳。, – quick /kwík/ (形) 迅速な ⇨ “be quick” 命令形のため「迅速になれ」の意。 – hurry /hə́ːri/ (動) 急ぐ ⇨ “don’t hurry” 否定の命令形のため「急ぐな」の意。, 米元プロ野球選手。通算本塁打755本は、ベーブ・ルースを超え、2007年にバリー・ボンズに抜かれるまで33年間MLB歴代1位。ベジタリアン。王貞治がアーロンの本塁打記録を超えた時、アーロンはフラミンゴのはく製を記念として王に送った。1934年生まれ。, 「私のモットーは常に素振りすることだった。スランプの時でも、気分が悪い時でも、球場外でトラブルがあった時でも、素振りだけをしつづけていた。」, “My motto was always to keep swinging. Talent does not exist, we are all equals as human beings. I’ts hard to beat a person who never gives up. 部活で、負け続きなんだ・・・. 投稿日: 2019年12月31日 カテゴリー スポーツ選手の名言 タグ 「ビジネス・お金の名言集」, 「努力の名言集」, 「教育・成長の名言集」 100回叩くと壊れる壁があったとする。でもみんな何回叩けば壊れるかわからないから、99回まで来て 世界中で活躍するスポーツ選手たちは、いつも僕たちを励ましてくれます。1つ1つのプレイで、結果で、言葉で。そこで今回はサッカー選手、バスケットボール選手など種目別にスポーツ選手の名言・格言をご紹介します。 Live as if you were to die tomorrow. 短い名言 かっこいい英語名言 元気・笑顔 恋愛 人生 人間関係 努力 仕事 夢・志 失恋 結婚 時間 孤独 自由・正義・平和 女性名言 家族・教育・趣味 自然 おもしろい名言 ことわざ 英語ことわざ 】スポーツ選手の名言は、夢を追いかけている人に勇気をくれます。. When people succeed, it is because of hard work. (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); come onの意味や使い方!いい加減にして・やめてくれ以外にテニスでも使われる?, bless youの意味や使い方・返事の仕方を解説!くしゃみ以外にもメールで使うこと!, 主夫・パパ目線から考えた、アラサーパパママ仲間に役立つ情報を日々発信していきます!, メインライターは、海外旅行で英語が通じず、一念発起して英会話の猛勉強をしたゆーだいです。(現在は海外でも英会話で生活可能レベルに!) The more you dream, the farther you get. 何事にも限界を設定することはできない。夢を見れば見るほど、あなたは遠くに行くことが出来る。. 今日はスポーツに関する名言について書いていきたいと思います! 日本で言うと、イチローさんの名言とかがよく取り上げられますが、 海外のアスリートもいいことを言っています! 毎日毎日勝利に向かって死ぬ気で練習しているアスリート の言葉には重みがあります! I worry about the solution.”, – worry about 〜: 〜を心配する – problem /prɑ́bləm/ (名) 問題 – solution /səlúːʃən/ (名) 解決策, 米元NFLアメリカンフットボール選手。監督・コーチ。大学アメリカンフットボール界のレジェンドと称される名ヘッドコーチ。44年間のコーチ人生で6つの大学を「ボウル・ゲーム」に導く。2008年カレッジフットボール殿堂入り。1937年生まれ。, “Without self-discipline, success is impossible, period.”, – without /wiðáut/ (接) 〜なしに – discipline /dísəplin/ (名) 統制、訓練 ⇨ “self-discipline”「自己統制/自己鍛錬」の意。 – impossible /impɑ́səbəl/ (名) 不可能な – period /píəriəd/ (名) ピリオド ⇨ ここでは、発言や文章の最後で使う「以上」の意。, 米ボクシング元世界ヘビー級王者。1920年代の全米ヒーロー。「大統領の名は知らずともジャック・デンプシーの名を知らぬ者はいない」と言われた。史上初めて前傾姿勢の構えで戦ったボクサー。当時常識外れのパワーを誇る。1983年病死。享年87歳。, “A champion is someone who gets up when he can’t.”, – someone /sʌ́mwʌ̀n/ (名) 誰か – get up: 起きる、立ち上がる – who /húː/ (関代) ⇨ “someone who gets up” 先行詞は “someone” で、全体では「立ち上がる人」の意。 – he can’t (get up):カッコ内が省略されている。, 米プロゴルファー。ゴルフ史上屈指のプレーヤーで、史上最高の選手と評価する声も。1949年の交通事故から復活し、1953年にマスターズ、全米オープン、全英オープンで史上初のメジャー大会年間3冠達成。この年出場したメジャー大会すべてで勝利。1997没。享年84歳。, “If you can’t outplay them, outwork them.”, – outplay /áutpléi/ (動) – outwork /áutwə́ːrk/ (動) – them:ここでは、一般的な「競争相手」を指す。, 米競泳選手。リオ五輪終了時点でオリンピックメダル通算獲得数28、金メダルの通算獲得数23の歴代1位。オリンピック1大会でのメダル獲得数8は歴代1位タイ。北京五輪での8つのメダルは全て金で史上初の記録(7つは世界新記録)。1985年生まれ。, 「不可能だということは絶対にない。全力で努力と時間を注ぐのであれば、全てのことが可能だ。」, “I wouldn’t say anything is impossible. 努力を積み重ねてきた一流選手の言葉は重みがありますよね。. Learn as if you were to live forever. Without football, my life is worth nothing. Luck has nothing to do with success. Never give up and sit down and grieve. 努力・勝負時に使いたい一言はこれ!. 1 人生に役立てたい英語の名言・格言 1.1 世の中の流れる早さに疲れてしまったときの名言 1.1.1 I walk slowly, but I never walk backward. You can’t put a limit on anything. 英語名言でスポーツ系のものを知りたい、そんなあなたのために心に響く言葉を46個まとめてお届けします。これを読みさえすればやる気がアップすること間違いナシ!卒業式の答辞にも使える厳選フレーズ決定版です! The most valuable player is the one that makes the most players valuable. アンソニー・ロビンズ (米国の自己啓発書作家、講演家 / 1960~) Wikipedia. Whether I was in a slump or feeling badly or having trouble off the field, the only thing to do was keep swinging.”, – motto /mɑ́tou/ (名) モットー、座右の銘 – swing /swíŋ/ (動) 素振り → “keep + 〜ing” で「〜し続ける」の意。“keep swinging”「素振りし続ける」の意。 – whether /hwéðər/ (節) ~であろうとなかろうと → “whether 〜 or …”「〜であろうが…であろうが」の意。 – slump /slʌ́mp/ (名) スランプ → “be in a slump”「スランプに陥っている」の意。 – badly /bǽdli/ (副) 悪く – have trouble:「問題を持つ」の意。 – off the field: 「“field”(球場)の “off”(外)で」の意。 – the only thing to do: 「するための唯一のこと」の意。, アメリカン・フットボールのヘッドコーチ。通算勝率.750。パッカーズを5度のリーグチャンピオン、第1回からスーパーボウル連覇に導いた。彼のコーチング哲学は伝説になり、フットボール史に大きな足跡を残す。大腸癌により1970年没。享年57歳。, “There is only one way to succeed in anything and that is to give it everything.”, – way /wéi/ (名) 方法 ⇨ “only one way to 〜”「〜するたった一つの方法」 – succeed /səksíːd/ (動) 成功する ⇨ “succeed in 〜”「~に成功する」 – anything /éniθìŋ/ (名) ここでは肯定文で使用されているので「どんなことでも」のニュアンス。 – that: ここでは “only one way to succeed in anything”「どんなことにおいても成功するたった一つの方法」を指す。 – give it everything: 「それに全てを捧げる」から「全力を尽くす」のニュアンス。, 米NFLシカゴ・ベアーズの創設者、元選手兼コーチ兼オーナー。1928年選手引退。兼任時代を含めヘッドコーチとして6回優勝。1963年殿堂入り。7番はベアーズ永久欠番。功績を称え「ジョージ・ハラス賞」も制定されている。1983年に膵臓がんで死去。享年88歳。, “Nobody who ever gave his best regretted it.”, – Nobody who 〜: 〜な人は誰もいない → “who” は関係代名詞で先行詞は “nobody”。 “Nobody who ever gave his best” までが主語。 – ever /évər/ (副)(過去の否定文で)これまで〜ない – give one’s best:全力を尽くす – regret /rigrét/ (動) 後悔する, ジャマイカの元陸上競技短距離選手。人類史上最速のスプリンターと評されている。オリンピックの100m、200m、4×100mリレーの3冠を3大会連続で達成(後に北京のリレー金メダルは剥奪)。世界陸上においては同3冠を3度達成。3種目の世界記録保持者。1986年生まれ。, “Skill is only developed by hours and hours of work.”, – only /óunli/ (副) 〜だけ – develop /divéləp/ (動) 開発する、発展する → “be developed” は受動態で「開発される、発展される」の意。 – hours and hours of 〜: 何時間にもおよび〜 – work /wə́ːrk/ (名) 仕事 → ここでは「練習」の意。, アルゼンチン出身の元サッカー選手。20世紀のサッカー史に名を残すスター選手。WCには4大会連続で出場し、1986年大会ではチームを優勝に導いた。準々決勝のイングランド戦での「神の手」ゴールと「5人抜き」ドリブルは有名。1994大会ではドーピングで追放。1960年生まれ。, “When people succeed, it is because of hard work. あなたの運命が形作られるのは、あなたが決断する瞬間なのです。. 中の人は、他にTOEIC790点・海外留学経験者・英会話講師アシスタント等、様々な英語関連の専門家が書いてくれています。 26 times I’ve been trusted to take the game winning shot and missed. 英会話を勉強中の方・これから勉強したい方向けのサイトです。日常で使える英会話・英単語の紹介や、TOEIC点数アップのコツ・英語の勉強に役立つ情報の数々を紹介します!, スポーツに関する英語名言が、とにかくかっこいいです!         かっこいい英語って、数多くありますが、その中でもスポーツ関連の英語って、心にしみるものが多いですね。 &nbs […]. 決して舌を向いてはいけない。決して諦めて座り込んで悲しんではいけない。別の方法を見つけなさい。. Never quit.”, – If 〜: ここでは単に条件節を導いている。「もし〜すると」の意。仮定法ではない。 – quit /kwít/ (動) やめる – once /wʌ́ns/ (副) 一度 – it: ここでは「やめること」の意。 – habit /hǽbit/ (名) 習慣、癖 – Never 〜: 強い否定の命令形「絶対に〜するな。」 ⇨ “Don’t 〜” より強い表現。, 米元世界ヘビー級チャンピオン。通算3回チャンピオンを奪取。19回防衛。マルコムXと出会いイスラム教に改宗。プロ転向直後にリングネームも改名。引退後はパーキンソン病と闘病中だった。 2016年6月74歳で死去。死因は敗血症ショック。, “He who is not courageous enough to take risks will accomplish nothing in life.”, – He who is not courageous enough to take risks: ここまでが主語。 “who” は関係代名詞で先行詞は “He”「“who” 以下である彼は」の意。 – courageous /kəréidʒəs / (形) 勇気のある – enough /inʌ́f/ (副) 十分に ⇨ “courageous enough to 不定詞”「〜する為に十分に勇気がある」の意。 – risk /rísk/ (名) 危険 ⇨ “take risks”「危険を冒す」の意。 – will /wíl/ (助動) ここでは「習性」を表し「〜するものだ」の意。 – accomplish /əkɑ́mpliʃ/ (動) 成し遂げる – in life: 人生において, 「俺はトレーニングが大嫌いだった。でも自分に言い聞かせた。やめるな!今苦しんで、残りの人生をチャンピョンとして生きるために。」, “I hated every minute of training, but I said, ‘Don’t quit. Do what you can. 1.1.3 Without haste, but without rest. Everybody has talent, but ability takes hard work. 名言集!スポーツ界野球編 その1 ①練習は嘘をつかないって言葉が あるけど、頭使って練習しないと 普通に嘘つくよ。 ②特別なものなんかない。 まず選手の思っていることに 応えられるか。それとアドバイスをして 名言. You will reach the top, and that’s that. I said that even before I knew I was.”, – greatest /gréitɛst/ (形) “great” (形) の最上級形 ⇨ great (原級) – greater (比較級) – greatest (最上級) ⇨ ここでは “the” がついて (名)「最高によい人」の意で使われている。 – I said that: “that” は “I am the greatest”。 – even /íːvn/ (副) ~でさえ – before /bifɔ́ːr/ (接) ~する前に ⇨ “even before”「〜する前でさえ」の意。 – I knew I was: “I knew (that) I was (the greatest)” の “that” と “the greatest” が省略されている。「私が最高だということを私自身が知る」の意。なお “was” は “knew” と時制を合わせて過去形となっている。, “Float like a butterfly, sting like a bee.”, – float /flóut/ (動) 浮く – like /láik/ (前) ~のように – butterfly /bʌ́tərflài/ (名) 蝶 – sting /stíŋ/ (動) 刺す – bee /bíː/ (名) 花蜂, 英語は独学で習得できます。でも、「自分の学習方法が正しいかどうか…」と不安に思っていませんか?本書は、英語の学習法についてお悩みの皆様に、科学的知見に基づいた真に効率的な英語学習法をご紹介することを目的にしています。, 「英会話スクールに通っているけど思うように上達しない…」「TOEICで高得点を取ったけど話せない…」などでお悩みの皆さまも是非ご一読ください。, 無名/Anonymous 「あきらめるな!すごいことを成し遂げるには時間がかかるのだから。」 “N…, ネルソン・マンデラ/Nelson Mandela 南アフリカ共和国の政治家、弁護士。反アパルトヘイト…, フィンセント・ファン・ゴッホ/Vincent Van Gogh オランダ出身のポスト印象派の代表的画家…, マーク・トウェイン/Mark Twain 米の作家で『トム・ソーヤーの冒険』の著者。当時最も人気…, メアリー・オリバー/Mary Oliver 米詩人。28歳で初めての詩集を出版。1984年発表の第五詩…, 1999年ロンドン大学大学院ロンドン・ビジネス・スクールにてMBA取得。1997年TOEFL630点取得。2003年TOEIC990点取得。2004年米国公認会計士試験合格。2010年4月中小企業診断士登録。, 2000年よりリーマン・ブラザーズ等にて13年以上M&Aのアドバイザリー業務に携わる。, 2010年より中堅・中小企業を対象とした事業継承M&Aコンサルティング事業を開始。, 2013年よりThe English Clubの前身となるEnglish Tutors Network事業を開始。. When you buy me you are buying a ferrari. 自分の持っているものを使え。. スポーツに関する英語名言が、とにかくかっこいい です!. Everyone has that. And that is why I succeed.”, – I’ve = I have – miss /mís/ (動) ~に失敗する – shot /ʃɑ́t/ (名)〔バスケットボールの〕シュート ⇨ “miss the shot”「シュートを外す」 “take the shot”「シュートをうつ」 – career /kəríər/ (名) 経歴 ⇨ “in my career”「私の一生の経歴で」 – lose /lúːz/ (動) 〔試合で〕負ける ⇨ lose(現在形) – lost(過去形) – lost(過去完了形) – almost /ɔ́ːlmoust/ (副) ほとんど – trust /trʌ́st/ (動) ~に任せる ⇨ “I have been trusted to 〜”「〜することを任せられた」 – game winning shot: 「ゲームに勝つシュート」⇨「入れると試合に勝つシュート」 – fail /féil/ (動) 失敗する – over and over again: 何度も繰り返して ⇨ “over” をもう一つ付け加えることで「何度も」を強調している。 – that is 〜: “that” は、前文 “I’ve failed over and over and over again in my life” 全てを示す。 – why I succeed: “why” は先行詞を含む関係副詞で「〜する理由」の意。ここでは「私が成功している理由」。, “I can accept failure, but I can’t accept not trying.”, – accept /əksépt/ (動) 受け入れる – failure /féiljər/ (名) 失敗 – try /trái/ (動) しようと努力する ⇨ 動名詞 “trying”「しようと努力すること」 ⇨ “not trying”「しようと努力しないこと」の意。, 「それが起こることを望む人がいる。それが起こってほしいと祈る人もいる。そしてそれを起こす人がいる。」, “Some people want it to happen, some wish it would happen, others make it happen.”, – Some are 〜 , others are … .: 〜の人もいれば、…の人もいる – want 〜 to …: 〜が…することを望む ⇨ “Some people want it to happen”「 それが起こることを望む」 – wish /wíʃ/ (動) [ wish that節 ] (実際はそうではないが) 〜であればと願う – would /wúd/ (助動) [wish節で、話し手の願望を示す] 〜するように(と願う) ⇨ “Some (people) wish (that) it would happen” 「それが起これば良いと願う」 – make 〜 動詞の原形: [makeは使役動詞] 〜に…させる ⇨ “make it happen”「それを起こさせる」→ 「それを起こす」, “If you quit once, it becomes a habit. 短い英語の名言には「There is always light behind the clouds.(雲の向こうは、いつも青空 / ルイーザ・メイ・オルコット)」などがあります。 世界の偉人たちの心に残り、覚えやすい、短い英語の名言をご紹介します。 from 癒しのガイド(見習い) Everybody has talent, but ability takes hard work. かっこいい英語って、数多くありますが、その中でもスポーツ関連の英語って、心にしみるものが多いですね。, 負けたり、壁にぶち当たったときは苦しむものですが、そういったときに背中を押してくれるのが英語名言というもの。. 世界の偉人・有名人の心に留めやすい【短い名言・格言集】座右の銘のアイデアにも!【人生・生き方の英語名言】世界の偉人名言決定版60人の110の言葉 【英語の名言厳選55】元気が出る!前向きになれる!偉人の名言集 あなたの才能を、引き出す作業は大変なの。. 長期計画を信じなければいけないが、モチベーションを高めてやる気を出すために短期目標も必要だ。. >>関連記事:【スポーツの名言】英語で読むかっこいいアスリート・コーチの名言29選 >>関連記事:イチロー選手の野球に関する英語の名言15選【メジャーリーグで活躍するとは】 スポーツに関する英語の名言・格言で英語を学ぼう!英語の原文と日本語訳に加え、単語と文法の詳細説明を掲載。心に残る英語の名言・格言は人生に活力を与えてくれ、そして英語も記憶に深く刻まれるだろう。とっておきの14の名言・格言をご紹介しよう!, カナダの車いす陸上競技選手。13歳の時に事故で両脚の機能を失う。アトランタ、シドニー、アテネ、北京のパラリンピック4大会で14個の金メダルを獲得。2005年ローレウス世界スポーツ賞、2008年加の年間最優秀スポーツ選手賞を受賞。1969年生まれ。, 「目標や夢に対して強くコミットし、それを成し遂げるための強い情熱と共に毎朝起きる事ができれば、できないことなど無い。」, “If you have a strong commitment to your goals and dreams, if you wake up every day with a passion to do your job, everything is possible.”, – If 〜: 条件説「もし〜ならば」を導く接続詞。仮定法ではない。 – commitment /kəmítmənt/ (名) 献身、約束 ⇨ “a strong commitment to your goals and dreams”「あなたのゴールと夢に対する強い献身」の意。 – wake up: (群動) 目を覚ます – every day: (副詞として)毎日 ↔︎ everyday /évridèi/ (名) 普段(の日), (形) 毎日の – with /wíð/ (前) ~を持って – passion /pǽʃən/ (名) 情熱 ⇨ “passion to do 〜”「〜をする情熱」の意。 – possible /pɑ́səbl/ (形) 実行できる, “Everyone wants to be successful until they see what it actually takes.”, – everyone /évriwʌ̀n/ (代名) 全ての人(単数扱い) – want to be 〜: 〜になりたい – successful /səksésfl/ (形) 成功を収める – until /əntíl/ (接) ~する時まで – they: ここでは “everyone” のこと。 – see /síː/ (動) ここでは「理解する」の意。 – it: ここでは “to be successful”「成功すること」。 – actually /ǽktʃuəli/ (副) 実際は – take /téik/ (動) ここでは「~を要する、~を必要とする」の意。 – what it actually takes: “what” は先行詞を含む関係代名詞で「~するもの[こと]」の意で、「それ(成功すること)が実際に必要とすること」⇨「成功するために実際に必要なこと」の意。, 米プロ野球選手。本名は George Herman Ruth Jr. 通算本塁打数714本。ベースボールを米最大の人気スポーツにしたことで「野球の神様」「アメリカ球界最大の巨人の1人」と評され米の国民的なヒーロー。鼻咽頭癌により1948年没。享年53歳。, “Its difficult to beat a person who never gives up.”, – Its: ここは “It is” の短縮形である “It’s” が正しい。 “its” は本来 “it” の所有格「それの」の意。 – difficult /dífikʌ̀lt/ (形) 困難な – beat /bíːt/ (動) 打ち負かす – person /pə́ːrsn/ (名) 人 – give up (群動) 諦める ⇨ “never give up”「決して諦めない」の意。 – who: 関係代名詞で先行詞は “person” ⇨ “a person who never give up”「 決して諦めない人」の意。, 米女子プロテニス選手。生涯獲得賞金は8000万ドル超で、全女子プロスポーツ選手中1位。2013年に31歳で世界ランキング1位に復帰し、歴代最年長1位に。2017年に再度1位に復帰。グランドスラム合計優勝回数39回は男女通して歴代3位。1981年生まれ。, “It doesn’t matter what your background is and where you come from, if you have dreams and goals, that’s all that matters.”, – matter /mǽtər/ (動) 重要である → “It doesn’t matter what 〜 is”「〜が何かは関係ない」の意。 – what your background is: “what”は疑問詞で全体では間接疑問文。「あなたの経歴は何か」の意。 – where you come from: “where”は疑問詞で全体では間接疑問文。「あなたがどこから来たか」の意。 – if 〜: 条件節を導く接続詞 – that’s (that is) all that matters: 最初の “that” は “you have dreams and goals” を指す。“all” は「(名) 全てのこと」。2番目の “that” は関係代名詞で先行詞は “all”。全体では「それが、重要である全てのことです。」の意。, 米アメリカンフットボール指導者。愛称は「ベア」。カレッジフットボール史上最高のヘッドコーチの1人として知られている。カレッジフットボールディビジョンの通算323勝、および全米チャンピオン7回は歴代1位。1983年心臓発作で急死。享年70歳。, 「重要なことは、勝ちたいという気持ちではない。そんなものは皆持っている。勝つために準備しようという意思が重要なのだ。」, “It’s not the will to win that matters. It is in your moments of decision that your destiny is shaped. It may last a minute, or an hour, or a day, or a year, but eventually it will subside and something else will take it’s place.”, – pain /péin/ (名) 痛み – temporary /témpərèri/ (形) 一時的な – It:ここでは「Pain」を指す。 – last /lǽst/ (動) 続く – minute /mínət/ (名) 分 ⇨ “a minute”「1分間」 – hour /áuər/ (名) 時間 ⇨ “an hour”「1時間」 – day /déi/ (名) 日 ⇨ “a day”「1日」 – year /jíər/ (名) 年 ⇨ “a year”「1年」 – eventually /ivéntʃuəli/ (副) 結局 – subside /səbsáid/ (動) 弱まる – something else:他の何か – take one’s place: 〜の場所を取る ⇨ 〜に取って変わる, 米元NBAプロバスケットボール選手。同じ年(2000年)にMVP、オールスターゲームMVP、ファイナルMVPの3つのMVPを獲得した3人のうちの1人。2016年ネイスミス記念バスケットボール殿堂入り。2017年FIBA殿堂入り。1972年生まれ。, “I never worry about the problem.